富士宮市の桜開花情報

3月下旬〜4月上旬
場所 富士山本宮浅間大社
〒418-0067 富士宮市宮町1-1
問い合わせ先 富士山本宮浅間大社
TEL 0544-27-2002
その他情報 富士山本宮浅間大社の桜は、例年3月下旬から4月上旬が見ごろになります。
浅間大社のご神木が桜であるため、境内には枝垂れ桜、ソメイヨシノなど約500本の桜が植えられています。
さくらの開花は木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)の御神徳そのものであるため、開花時にはこれを祝う意味で、さまざまな催しが行われます。
4月6日の夕刻に舞楽等が奉納され、4月7日は、野点サービスや天間太鼓奉納演奏、草鹿の巻が披露されます。
また開花期間中は、提灯の灯りで夜桜が楽しめます。
 
場所 富士宮市内房稲瀬川沿い
〒419-0317 富士宮市内房
問い合わせ先 富士宮市観光課
TEL 0544-22-1155
その他情報 約400本の桜と菜の花が咲き誇る稲瀬川沿いは、富士山と川の流れと桜が作り出す景色をのんびり楽しみたい穴場スポットです。
桜の見ごろに合わせて開催される祭りでは、内房地区のタケノコをはじめとする農産物の販売、 軽トラ市などが行われます。
また、豚汁や甘酒の振る舞い、ラフティングの模擬体験(稲瀬会場)などが繰り広げられます。
 
4月上旬〜中旬
場所 まかいの牧場の桜
〒418-0104 富士宮市内野1327
入場料 大人(中学生以上)1,000円 / 小人(3歳以上)600円 / ワンちゃん300円
※購入日より1ヶ月有効
※イベント参加料は別途
問い合わせ先 まかいの牧場
TEL 0544-54-0342
その他情報 標高の高いまかいの牧場では、市街より半月遅れて春が訪れます。
園内に約150本の桜の内、ソメイヨシノは100本以上あります。
2回目のお花見や時期を見逃してしまった方には嬉しい“桜”です。
同牧場では、地元生産者より直接購入した素材が味わえるバイキング料理“農場レストラン”が人気です。
また、乳搾りやバター作りなどの体験、羊の赤ちゃんなど動物とのふれあい、自家製品を中心とした牧場ならではのメニュー味わえるレストランなど、春の風情とともに家族で楽しめるイベントが豊富に楽しめます。
 
4月中旬
場所 狩宿の下馬桜
〒418-0117 富士宮市狩宿
問い合わせ先 富士宮市観光課
TEL 0544-22-1155
その他情報 1193年に源頼朝が富士山麓(ろく)で巻狩りをした時、この桜の木に馬をつなぎ留めていたと伝えられることから「駒止めの桜」とも呼ばれています。
枝張り14メートルという大きな桜の木は、樹齢800年以上のヤマザクラの古木で、赤い芽と白い花が特徴。花の美しさをたたえるように春風に揺られている姿は格別です。
昭和27年に国の特別天然記念物に指定。
開花に合わせて3月30から4月21日まで富士宮やきそばや野菜など地元特産品の販売会が実施されます。
 
場所 田貫湖の桜
〒418-0107 富士宮市佐折634-1
問い合わせ先 富士宮市観光課
TEL 0544-22-1155
その他情報 田貫湖は、標高660メートルの高原にある周囲約3.3キロの美しい湖です。
湖面に映る逆さ富士と、富士山頂から太陽が昇るダブルダイヤモンド富士が見られるスポットとして有名です。
春には、山の木々の中に見えるヤマザクラが緑の中にやさしい色合いを添えています。
さらに、ここは駐車場にある桜の枝ぶりが見事。湖の周囲はサイクリングロードにもなっているので、レンタル自転車に乗り一周しながら、花見を楽しむこともできます。
 
4月下旬〜5月上旬
場所 富士山スカイライン周辺
〒418-0011 富士宮市粟倉
問い合わせ先 富士宮市観光課
TEL 0544-22-1155
その他情報 市街地での花期を過ぎたあとが見ごろとなるため、県内では一番最後に楽しめる桜の名所かもしれません。
富士宮市内から通称・登山道経由で登っていく途中にはすでに葉桜となっているところもあり、新緑のトンネルを味わいながら走ると、ソメイヨシノや山桜など約1000本が西臼塚駐車場を中心に見ることができます。
ベンチとテーブルが置かれていて、ここで富士山と桜を眺めながら弁当を広げたら最高。
駐車場の北側には富士山ふれあいの森林遊歩道というハイキングコースもあり、富士山を目の前にしてのハイキングも楽しめます。
 

富士宮市のツツジ開花情報

4月中旬〜下旬
場所 富士宮市猪之頭
〒418-0108 富士宮市猪之頭688
問い合わせ先 富士宮市観光課
TEL 0544-22-1155
その他情報 県営富士養鱒(ようそん)場近く、個人宅の庭先で毎年4月20日前後に、大きな絵日傘を広げたように、明るいピンク色の花を枝いっぱいにつける1本の木があります。
県指定の天然記念物のミツバツツジで、全国でも最大級といわれています。
根元から幹が7本に分岐した独立樹で、株状に広がる姿は、見る方向によっては大きな扇を広げたようでもあります。
樹高4メートル、枝張り15メートル前後。
近くの猪之頭林道から色とりどりのパラグライダーが、この樹形と同じ形をして舞っています。
標高の高い山ろくの春はこの花とともに全開します。
 

富士宮市の各種イベント 4月

6〜7日 富士山本宮浅間大社 桜まつり
開催場所 富士山本宮浅間大社
〒418-0067 富士宮市宮町1-1
問い合わせ先 富士山本宮浅間大社
TEL 0544-27-2002
その他情報 富士山本宮浅間大社の桜は、例年3月下旬から4月上旬が見ごろになります。
浅間大社のご神木が桜であるため、境内には枝垂れ桜、ソメイヨシノなど約500本の桜が植えられています。
さくらの開花は木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)の御神徳そのものであるため、開花時にはこれを祝う意味で、さまざまな催しが行われます。
4月6日の夕刻に舞楽等が奉納され、4月7日は、野点サービスや天間太鼓奉納演奏、草鹿の巻が披露されます。
また開花期間中は、提灯の灯りで夜桜が楽しめます。
 
6〜7日 富士山わんわんマルシェ
開催場所 あさぎりフードパーク
〒418-0101 富士宮市根原449-11
料金 入場無料
問い合わせ先 富士山わんわんマルシェ実行委員会
info@asagiri-fp.com
その他情報 自然豊かな朝霧高原で、わんちゃんと飼い主様の為のマルシェです。
わんちゃんと飼い主様の為の色々なジャンルのお店が勢揃いします!
会場には「特設ドックラン」や、ゆっくり休憩ができる「ピクニックエリア」、素敵な「フォトスポット」も設営の予定ですので、一日ゆっくりと非日常空間をお楽しみ下さい。
「わんちゃんと一緒に熱気球体験」も予定しております。
(熱気球体験は事前予約となります。)
 
7日 芝川日和 内房たけのこ・桜まつり
開催時間 9:00〜14:00
開催場所 富士宮市内房稲瀬川沿い(尾崎会場、稲瀬会場、瓜島会場、境川会場、野点会場)
問い合わせ先 富士宮市観光課
TEL 0544-22-1155
その他情報 約400本の桜と菜の花が咲き誇る稲瀬川沿いは、富士山と川の流れと桜が作り出す景色をのんびり楽しみたい穴場スポットです。
桜の見ごろに合わせて開催される祭りでは、内房地区のタケノコをはじめとする農産物の販売、 軽トラ市などが行われます。
また、豚汁や甘酒の振る舞い、ラフティングの模擬体験(稲瀬会場)などが繰り広げられます。
 
7日 花まつり 寺ちょい縁日 おやこヨガ  要予約
開催時間 10:00〜11:00
開催場所 大頂寺 本堂
料金 1組800円(お子様何人でも同料金)
問い合わせ先 takane yoga
TEL 090-7637-4907
その他情報 【応募期間】
4月7日(日)まで
大頂寺の本堂をお借りして神聖な雰囲気の中、親子で触合って楽しんでヨガを行っていきます。
親子で助け合ったり、追いかけてみたり、ポーズをとることだけでなく動いたり支えあって楽しんで行きましょう!
今回は小学生以下のお子様とその保護者様(パパ、おじいちゃん、おばあちゃんも大歓迎!)が対象です。
定員10組です。
 
13〜14日 富士の巻狩り「狩宿さくらまつり」
開催時間 10:00〜
開催場所 狩宿の下馬桜周辺
〒418-0117 富士宮市狩宿
問い合わせ先 (公社)富士宮市観光協会
0544-27-5240
その他情報 国の特別天然記念物に指定されている富士宮市狩宿の下馬桜。
4月13、14日に行われるまつりでは、見ごろを迎える下馬桜と菜の花を愛でながら、さまざまな催しを楽しめます。
下馬桜の近くの狩宿(井出館)会場では、13日に短歌会、お茶会、舞台公演、狩宿狂言など、14日には手漉き和紙体験、舞台公演、ふるまい餅が行われます。
ミニSLの試乗体験は両日とも開催。
 
14日 プラネタリウム冬休み特別開放 要予約
開催時間 午前 受付10:15〜 上映10:30〜11:30
1部 / 受付13:15〜 上映13:30〜14:30
2部 / 受付15:00〜 上映15:15〜16:15
開催場所 静岡県立朝霧野外活動センター
〒418-0101 富士宮市根原1番地
料金 1家族・グループ 500円
問い合わせ先 静岡県立朝霧野外活動センター
TEL 0544-52-0321
その他情報 電話にて申し込み可能。

上映内容
1部「春星座の探し方と神話」
2部「星の色は何色?きらめく星のお話」
 

富士宮市の各種イベント 5月

4〜6日 富士山本宮浅間大社 流鏑馬まつり
開催時間 前日祭4日(土・祝) / 本祭5日(日・祝) / 後日祭6日(月・振)
開催場所 富士山本宮浅間大社
〒418-0067 富士宮市宮町1-1
問い合わせ先 富士山本宮浅間大社
TEL 0544-27-2002
その他情報 1193年、源頼朝が富士の裾野で巻狩りを行った際、武将を率いて浅間大社に詣で、流鏑馬を奉納したことに起因するといわれています。
流鏑馬祭りは5月4日から6日にかけて行われます。
5日の本祭では流鏑馬本祭に続き、境内桜の馬場にて鎌倉武士の狩り装束のいでたちで、勇壮な小笠原流流鏑馬式が行われます。
境内はたくさんの露店で賑わいます。